高齢化の進行や、世帯構成の変化等により、国民の福祉・介護ニーズはますます拡大している一方、生産年齢人口の減少によって将来的に労働力確保が困難となることが見込まれており、2025年には介護職員が全国で38万人不足すると言われています。そのような中、福祉・介護職場における質の高い人材の安定的確保について、国も処遇改善による定着支援や、多様な人材の参入促進のための様々な福祉・介護人材確保対策関連事業の取組を行っており、福祉・介護の職場は、今後より一層質の高い人材を安定的に確保することが求められます。
 そこで、福祉職場への就労を目指す方、関心のある方等を対象に、福祉職場への理解を深めていただくとともに、就労へ向けての手がかりを提供することを目的として、福祉職場説明会を開催します。

●開催要綱
●チラシ
●事業所一覧